普段は薬味として脇役になりがちな万能ねぎですが、主役として食べるレシピもご紹介していきます。

万能ねぎが活きるシンプルなレシピ
万能ねぎが活きるシンプルなレシピ

万能ねぎを使ったレシピ

万能ねぎが活きるシンプルなレシピ
夏になると、ついつい毎日のように冷たいビールを飲んでしまうという方も多いのではないのでしょうか。白身のお刺身などをいつもより冷たく冷やし、万能ねぎの小口切りをぱらぱらと散らして、もみじおろしとポン酢などで頂くのが暑い時期ならではの楽しみですよね。同じように、ソーメンや冷麦などにも彩りを添えてくれる名わき役と言えるのが、万能ねぎです。その名のとおり万能ねぎというだけあって、本当に色々なお料理に万能選手として登場、活躍してくれると実感する香味野菜です。ここでは、万能ねぎを使った様々なレシピをご紹介していきたいと思います。

万能ねぎは、ねぎの種類の中でも辛味やねぎ独特の臭みなども少ないことで知られていますが、この特色を生かしてお料理にほどよいアクセントを加えることが出来ます。例えばつくねの中にねぎや玉ねぎを練りこむと、時には辛味が強くて、また食感が強すぎてつくねの美味しさが半減してしまうことがあるのですが、このときに万能ねぎを入れると、鶏肉の美味しさを引き立てると同時に、きれいな緑色が見た目にも美味しさを引き出してくれる効果もあります。万能ねぎを主役にしたレシピもご紹介しますが、ここでは万能ねぎと油揚げのさっぱりした前菜をご紹介しましょう。万能ねぎは、さっと茹でて冷水にとっておきます。こうすることで、鮮やかな色を保つことが出来ます。油揚げは短冊切りにします。そして、ねぎを茹でた後のお湯を捨てずに、油揚げにさっとかけましょう。これで油抜きをすることが出来、よりヘルシーになります。ボウルにしょうゆとだし、砂糖と少しの酢を入れて混ぜておきます。そこへ5センチくらいに切った万能ねぎと油揚げを入れて、さっと和えます。冷蔵庫で冷やしておいて、仕上げにお好みで白ゴマをすったものや、七味唐辛子などをかけて出来上がりです。普段は薬味として脇役になりがちな万能ねぎですが、このように存在感を出してあげるお料理も時々作ってみると面白いですよ。

おすすめサイト

Copyright (C)2017万能ねぎが活きるシンプルなレシピ.All rights reserved.